2018年最新YOUTUBE収益化の基準についてと対策

どうも中神です。

YOUTUBEより収益化の新しい基準が2018年1月16日(※現地時間)に発表されました。収益化の新しい基準についての対策やこれから考えるべき行動など解説していきたいと思います。

YOUTUBE収益化の新しい条件とは

2018 年 2 月 20 日から、YouTube パートナー プログラムの参加基準が新しくなります。新しい基準では、プログラムに参加するためには過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上、チャンネル登録者数が 1,000 人以上であることが必要となります。詳細については YouTube クリエイター ブログをご覧ください。
YouTube パートナー プログラムは、クリエイターが動画を収益化し、表示される広告や YouTube Red 利用者による視聴から収益を受け取ることができるようにするプログラムです。
収益を受け取るには、以下の 4 つの手順に沿って設定を行う必要があります。参加資格とプログラムの条件をご確認ください。

引用:https://support.google.com/youtube/answer/72857?vid=0-1282824320818-1516200763852

これまではチャンネルの総再生回数が1万回でしたが、これからは

総再生時間4000時間
チャンネル登録者1000人

ないと収益化の審査ができない事となっています。

まず総再生時間4000時間についてですが、4000時間なので分で表すと240000分です。

1動画の平均視聴時間が2~3分と考えて8万~12万回の再生数で4000時間はクリアできます。とてつもない数字の思えますが8万~12万回という再生回数は収益面でいえば1万円前後のお話なので、そこまで悲観的になる数字ではないです。

チャンネル登録者1000人はどのくらいで増えるのか?

ただ初心者からしたらチャンネル登録者1000人はテックな部分あるかと思います。早いペースでチャンネルが成長しますと1000人くらいであれば一ヶ月でクリアできる事もありますが、平均的に2、3ヶ月はかかってしまうのでそのくらいの期間は見ておくといいと思います。

ただしジャンルによっては育ち方はムラありますから一概には言えません。

もうYOUTUBEでは稼げないのか?

そんな事はありません。

違法アップロードをして小銭を稼ぐみたいなノリでは稼ぐ事は難しいですが、YOUTUBEで生計を立てたいとかしっかりと収益を上げていきたいと思っているのなら、そこまで関係ないと思います。

僕のコンサル生の実績をみていただくとわかりますが、YOUTUBEを正しい方法で実践していけば3ヶ月~6ヶ月くらいの期間で月収30万円、50万円、100万円といった金額を稼ぐことはできます。

なのでそのくらいの数字を目指していくのであれば、上記の審査に関しては通貨点でしかありません。

この審査基準で辞めていく方も多数でるでしょうから、ライバルも減って稼ぎやすくなる側面もあるでしょう。

チャンネル登録者を増やす方法

YOUTUBEでチャンネル登録者を増やす方法で意識するポイントは3つ

・再生数を伸ばす
・動画の質
・特化する(ジャンルを絞る)

再生数を伸ばす

まずは再生数を伸ばすことですね。再生数が伸びれば勝手にチャンネル登録は増えていきます。

トレンドや視聴者が注目していることなどリサーチして反応がとれる動画を上げていくことが大事になってきます。YOUTUBEでも最近伸びている動画等参考にしていき視聴者が望んでいる動画を作成していきましょう。

動画の質

次に動画の質ですね。動画の質といっても編集力の高い動画が必ずしもウケるわけでもないので、これも視聴者が望んでいるものを意識して作っていきましょう。

伸びている動画のコメントなど参考にするといいと思います。

特化する(ジャンルを絞る)

チャンネル登録者を増やす方法と言いますか、ファンを増やすという発想が大事です。

ファンというものは何か専門的なチャンネルに付きやすい傾向がありチャンネルとして色を出していく、ジャンルを絞っていく事は重要です。

恐らく上手くいってるチャンネルを分析すると、ゲーム、料理、オモチャ、筋トレなど何かに特化しているチャンネルが殆どなので何かに特化していく事でファンは獲得しやすいです。

YOUTUBEで人気なチャンネルをリサーチしてどういった方向性でやっていくのか考えて動画を作っていきましょう。

 

またYOUTUBEにはチャンネル登録を促すアノテーションなど様々な機能もありますから、そういった機能を最低限は使いこなしましょう。

YOUTUBEは利用規約をコロコロ変える

これは嫌がらせとかではなくて視聴者の事を最大限に考えYOUTUBEが進化してきた証でもありますし、これからもドンドンと変わっていくでしょう。

僕もYOUTUBEにはかれこれ3年以上関わってきましたが、これまでも何度も利用規約変更に悩まされてきました。

ただその度に乗り越えてこれまでやってきたし、コンサル生にも成果をださせております。

 

もしこれを読んでいるあなたがYOUTUBEで本気で稼いでいきたいと考えているのなら、投げやりになるのではなく向き合っていく事をお勧めします。

YOUTUBEの審査をだしてみた

このタイミングで丁度審査基準に達したチャンネルがありましたので、審査にだしてみました。

こんな感じの画面になっています。総再生時間4000時間、チャンネル登録者が1000人を超えましたら審査ができます。

※今回の利用規約変更に関してはまだまだ情報不足な為、新しい情報ありましたら追加していきます。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です