YOUTUBE「ほとんどの広告主に適していない」黄色マークの対策

最近YOUTUBEを実践している方なら気になっている方も多いと思われる「ほとんどの広告主に適していない」と表示され黄色マークが表示される件について対策やシステムを解説していきます。

黄色マークが表示されてしまう

動画をアップロードした瞬間にこの様に黄色マークが表示され「ほとんどの広告主に適していない」と表示され、何か悪いことをしてしまったのでは?とビックリした方もいるでしょう。

まずこのマークが出たとしてもペナルティとかじゃないので、削除とかする必要ありませんから一度落ち着いて下さい。

AIを使って広告の審査をしている

YOUTUBER家石田タカフミさんの動画は参考になるんじゃないでしょうか?

現在YOUTUBEではAIを導入して広告の審査をしております。そのAIが発展途上であり精度はまだ高いとはいえない状況。

なので問題なさそうな動画でも「ほとんどの広告主に適していない」と表示されることが多いです。

こればかりはAIが進化するのを待つ必要がありますから、もう少し様子見が必要です。

広告掲載ガイドライン

パートナープログラムポリシー こちらの内容も確認しておきましょう。

ここに該当する内容ですと広告審査が通らず広告が表示されないこととなりますので、動画選びには注意が必要です。

ただあんまり意識しすぎると流石に動画作成できませんから、

・性的なコンテンツ
・過激すぎるコンテンツ

特にこの2つだけは避けるといいと思います。

現状YOUTUBE見てても上に該当するような動画でも広告表示されていたり、感動みたいな問題のなさそうな動画でも広告表示されなかったりと、まだまだ審査の基準は明確ではないと思います。

広告の審査をリクエスト

動画をアップしてこの表示がされてしまったら、「審査をリクエスト」をしておきましょう。基本問題ない動画であれば大体復活すると思います。(黄色マークから緑マークになる)

先程も言いましたが「黄色マーク」「ほとんどの広告主に適していない」はペナルティーではないので焦らず審査リクエストをだしましょう。

それと「ほとんどの広告主に適していない」と表示されてしまっても全く広告がでないかというとそうでもないです。なのでGoogle AdSensの報酬画面と照らし合わせてみていきましょう。

キーワード、動画の中身

ただ問題ない動画でも黄色マークが表示されてしまうと収益に繋がりにくい面はありますから出来るだけ避けていきたいところ。

そこでキーワードや動画の素材も広告掲載ガイドラインに該当しにくいようなものを選んでいくと、黄色マークを避けやすいと思います。

キーワードで判別している部分は大きいと思うのでタイトル、説明欄、タグに使うキーワードは考慮して選ぶといいです。現状タグってそれほど効果ありませんから、タグに無駄なキーワードいれないだけでも効果あるかなと思います。

この件に関してはまだまだこれから変化していくと思いますので、新たな情報あれば追加していきます。またYOUTUBEでも「広告」とかって検索するとYOUTUBERの方が分析した結果を動画にしてくれたりするので、ご自身でも常に情報を受け入れる体制も整えておきましょう。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です