YOUTUBE 終了画面専用のアノテーションの使い方を解説

2016年の10月から新しく終了画面専用のアノテーションが使えるようになりました。

本来であれば、すぐに動画やコンテンツ化するつもりでしたが、遅くなってしまいました。。。

それでは、新しく追加されて終了画面専用のアノテーションについて解説していきます。

アノテーションとは?

アノテーションと登録ボタンでチャンネル登録を増やす でも一度解説しましたが、アノテーションとは動画中にお勧め動画だったり、アナウンスが出来る機能で、これを使うとアクセスアップに繋がったり、チャンネル登録者に繋げたり使い方は幅広いです。

今回は、そのアノテーションで新しく終了画面用の機能が追加されました。

snapcrab_noname_2016-12-25_5-25-9_no-00

動画の編集画面のより、終了画面とアノテーションという項目が追加されていると思います。

まずはそちらをクリック

snapcrab_noname_2016-12-25_5-26-52_no-00

そうするとこの様な画面になっていると思います。

それで何ができる様になったのかというと、終了間際の画面にお勧め動画だったりを直接埋め込む事が出来るようになりました。

 

要素を追加をクリックすると

snapcrab_noname_2016-12-25_5-29-29_no-00

・動画または再生リスト
・チャンネル登録
・その他のチャンネル
・外部ウエブサイト

などにアクセスを促す事ができます。

基本的な方法としては、次の動画を見てもらうように促す方法が最もポピュラーですので、動画または再生リストを選択しましょう。

snapcrab_noname_2016-12-25_5-32-5_no-00

動画も自分で選ぶ事もできますが、最新のアップロードを選択しておけば、最も新しい動画が表示されますし、視聴者に適したコンテンツを選択しておけば、YOUTUBEが最適な動画を選択するので、これが便利そうです。

snapcrab_noname_2016-12-25_5-35-9_no-00

動画の配置や大きさも感覚的に操作できるので、お好きな場所にお好きなサイズで選択して下さい。

終了画面専用の画像や動画などを用意しておくといいですね。

snapcrab_noname_2016-12-25_5-36-57_no-00

下のタイムラインがあるので、時間の調整もできます。

ここまでで、動画がどんなふうに表示されるかプレビューで確認する事ができます。

全ての設定が完了したら、保存を押して終了です。

 

では、実際に設定できたアノテーションを確認してみましょう。

※ラスト10秒をご確認下さい。

この様に、非常に使いやすい機能となっておりますので、是非ご活用ください。

また動画や記事でも紹介していない機能もありますので、色々確認することをお勧めします。

100本以上の動画で徹底解説した動画教材を無料でプレゼント

コメントを残す