photoscapeを使ってYOUTUBEのサムネイル画像を作る

どうも中神です。

本日は、Photoscape(フォトスケープ)を使って、
YOUTUBEのサムネイル画像の作成方法を解説していきます。

photoscapeは、無料でダウンロードできますので、
まずはダウンロードしておきましょう。

http://photoscape-free.softonic.jp/

YOUTUBEサムネイル画像の作成方法

640✕360の背景画像
http://hide-goldy.com/wp-content/uploads/2016/09/samnetenplate.jpg

※こちらの画像は、パソコンに保存してご自由にお使いください。

snapcrab_noname_2016-9-17_10-19-53_no-00

フォトスケープを開くとこの様な画面が立ち上がりますので、
画像編集を選択して下さい。

snapcrab_noname_2016-9-17_10-30-15_no-00

画像編集を選択すると、この様な画面になります。

動画で説明した、640✕360の背景画像など画像を選択します。

オブジェクト→写真→photo と手順に従って進み、
サムネイルで使いたい画像を選択します。

snapcrab_noname_2016-9-17_10-35-52_no-00

画像1枚のみを使うのであれば、余白がでない様に、
画像を調整しておきましょう。

snapcrab_noname_2016-9-17_10-37-15_no-00

オブジェクト→T(テキスト)を選択します。

snapcrab_noname_2016-9-17_10-39-23_no-00

テキストを選択すると、この様な画面になっていると思います。

上の空白に好きな文字、テキストをいれる事ができ、
色、書体、大きさなどを変更出来ます。

垂直を選択すると、文字を縦にできます

アウトライン(文字の縁)を入れる事で、インパクトのある文字になります。
動画で解説を忘れましたが、厚さでアウトラインの幅を調整出来ます。

シャドウをいれる事で、文字を立体的にできます。

とまあ、箇条書きで説明しましたが、これだけ出来れば、
画像に文字をいれるだけでも、十分インパクトのある画像ができるでしょう。

 

サムネイル画像が作成できたら、
保存→名前を付けて保存で、画像を保存しておきましょう。

反応の取れるサムネイル画像の作成方法

今回の講座では、画像+文字で作成しましたが、
サムネイル画像は、かなり重要になってくるので、
反応が取れる様に、意識して作成していきましょう。

例えば、文字の書体を変えるだけでも、
かなり雰囲気が違うので、動画の特徴にあった文字を使う事で、
反応が大きく変わります。

大人向け→かっちりとした印象の文字にする
子供向け→丸みがある、柔らかい文字にする

などなど、これだけでもかなり雰囲気変わりますので!

オリジナルサムネイル画像の作成方法と演出のコツ

こちらの記事で、
もっと踏み込んで解説しておりますので、参考にして下さい。

 

また、サムネイル画像の作成には、
画像キャプチャーソフトも必要になってくるので、
用意しておきましょう。

お勧めの画像キャプチャーソフトsnapcrab

いいなと思ったらSNSでシェア♪


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です