YOUTUBEで月収59万円稼ぐコンサル生が選ぶジャンルの特徴

どうも中神です。

YOUTUBEでは、参入するジャンルって凄く大事で、
実は、広告のクリック率の高いジャンルが存在します。

その他にもやり方や運営方によっても、
広告のクリックを上げる事はできるので、
再生数を伸ばす以外にも広告のクリック率にも、
こだわってみると、利益も増えるでしょう。

広告のクリック率を上げる

ちなみに、YOUTUBEの広告は、再生0,1円とかって言われますよね?
という事は、10万回再生されて、1万円という計算になります。

それを前提でこちらのデータをご覧下さい

6gatu

※クリックで拡大

僕のコンサル生が月収59万円を達成した時の、
アドセンス報酬画面です。

多少、日によってムラはありますが、
一般的に言われている、1再生0,1円よりも、
遥かに効率よく稼げているのがわかります。

コンサル生が参入しているジャンルや、
チャンネル等は公開できませんが、
そこで、ヒントとなる情報等は共有していきましょう。

10分以上の動画を扱う

YOUTUBEの動画は、10分以上の動画を作成する事で、
広告数を増やす事が出来ます。

YOUTUBE広告の増やし方

例えば、5分の動画を2本作成しても、
広告が表示されるタイミングは2つしかありませんが、
10分の動画であれば、最初、真ん中、最後と3つは、
増やせる事ができるので、単純に利益が1.3倍になります。

動画の視聴時間を伸ばす

これは、YOUTUBEをやっていくうえで、
とても重要というか、当たり前の話ですが、
単純に動画の視聴時間が増やす事意識しましょう。

要は、ちゃんと動画を見てもらいましょう。

ただ、動画の編集力が上手いといけないとか、
初心者だから無理と諦めるのは辞めましょう。

滞在時間を意識した動画作成

テキスト動画であれば、ワンパターンな動画では、
離脱率も上がるので、少し工夫をしていきましょう。

芸能人音声動画

こういった動画も作成は凄く簡単ですし、
好きな人が視聴してくれるので、
ある意味勝手に視聴時間は伸びます。

ジャンル別ユーザー層

YOUTUBEの動画は視聴する媒体で、
広告のクリック率というか、媒体ごとに、
表示されやすい、されにくい等あります。

例えば、スマホで動画を見ていると、
広告が表示されない事がありますが、
パソコンの場合、ほぼ100%表示されます。

一度自分の動画をスマホやタブレットで、
視聴してみるといいですよ。

アナリティクスで観るべきポイント

でも解説していますが、
自身のチャンネルの視聴者維持率、ユーザー層、
端末、トラフィックソースを見ていき、
自身のチャンネルを分析してみましょう。

ジャンルによって、特徴がガラッと変わるので、
それにあわせて戦略も変えないといけません。

何となく再生数が伸びたとか、伸びていないとか、
そんな分析も大事ですが、自分のチャンネルを見てくれる、
ユーザーはどんな人達なのか?

ここを追求していくと、おのずと売り上げも上がるでしょう。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です