Skype(スカイプ)のダウンロードと使い方を解説

どうも中神です。本日はSkype(スカイプ)のダウンロード方法を解説します。

スカイプはチャットで連絡出来たり、音声通話も無料でできる優れたツールです。もしまだ使った事が無い方はイメージできないかもしれませんがLINE(ライン)の様なトークアプリの様なものと認識してもらえばOKです。

特にこのネットビジネスの業界ではスカイプによるコンサルティングのサポートにも使われたり、僕もコンサル時はスカイプを活用しています。

また外注さんとやり取りする場合もスカイプを使うので事前に使いこなせる様にしておきましょう・

Skype(スカイプ)をパソコンにダウンロードする方法

スカイプのアプリなどをスマホにインストールしておけばスマホでも使う事はできます。

ただ僕の考えとしてはスカイプは仕事用のツールとして捉えているのでパソコンでも活用する事をお勧めします。

ダウンロードも無料ですし、チャット&通話に関しても無料でできるのでご安心して使ってください。

スカイプのダウンロードはこちら

SnapCrab_NoName_2016-6-23_1-0-25_No-00

 

公式サイトに入っていただくと「Skype for Desktop」というものがありますので、こちらをダウンロードしてください。

Windows、Macとありますので間違えの無いように選んでください。

ダウンロードボタンを押すとパソコンにインストールが開始されますので指示に従って進めてください。

SnapCrab_NoName_2016-6-23_1-2-57_No-00

ダウンロードが完了すると、この様な画面が表示されたと思います。

指定の言語を選択して「同意するー次へ」を選択してください。

SnapCrab_NoName_2016-6-23_1-4-5_No-00

・Bingをデフォルトの検索エンジンにする
・MSNをホームページにする

こちらは特に設定不要なのでチェックから外しておきましょう。

次に「続行」をクリックしてください。

これでスカイプがパソコンにインストールされたと思います。

デスクトップにスカイプのアイコンが表示されていると思うのでクリックしてみましょう。

SnapCrab_NoName_2016-6-23_1-18-43_No-00

スカイプのアイコンをクリックすると、この様な画面が表示されていると思います。

こちらの画面で

・スカイプ名&メール&携帯番号
・パスワード

を入力しサインインをクリックしますとスカイプが使えるようになります。

Skype(スカイプ)のアカウント作成方法

Facebookのアカウントでもサインイン(ログイン)することできますが、今回はスカイプのアカウント作成方法もご紹介します。

スカイプのアカウントを作成する

電話番号、パスワードを決めて「次へ」をクリックしていただくとアカウントの作成は完了です。

「または、既にお持ちのメールアドレスを使う」をクリックしていただいてメールアドレスでの登録もできます。

こちらでメールアドレス、パスワードを入力して「次へ」をクリックすればアカウントの作成が完了します。

※メールアドレスと携帯番号での登録はどちらでも結構なので特に気にせず進めてください。

Skype(スカイプ)の使い方を解説

スカイプをパソコンにインストールしてスカイプのアカウントでログインすることでスカイプを使えるようになります。

冒頭でも説明しましたがスカイプではチャットや通話などができるコミュニケーションアプリです。慣れてしまえば使い方は特に難しくありませんが、使い方についても解説していきたいと思います。

左上にあるご自身のアイコンをクリックするとこの様な画面になっていると思います。

画像を変更する事によってアイコンを設定できます。特に僕みたいなコンサルタント活動している方は必ずご自身のアイコンや画像を設定しておきましょう。

次に赤枠部にあるアカウントの横に記載されているものがあなたのスカイプIDとなります。僕の場合ですと「tacinformation99」これがスカイプIDです。

Skype(スカイプ)ID検索

スカイプの左上に検索欄があるのわかるでしょうか?こちらのIDから検索することができます。

スカイプは設定方法にもよりますがお互いのIDが分かっている状態でないとチャットや通話ができないのです。なのでスカイプでやり取りしたい相手のIDを聞いて認証するか、相手側にご自身のIDをお送りして認証をしていきましょう。

スカイプIDを検索して繋がりたい方のIDをクリックしますとこの様な画面になっていると思います。

「連絡先追加のリクエストを送信」という箇所をクリックし、初めの挨拶を記入して送信ボタンを押すとリクエストが送信されます。

相手側が承諾しましたらその相手とやり取りが可能になります。

 

最初の挨拶はマナーですので、ここでしっかりと挨拶しておくことはビジネスマンとして重要といいますか当たり前ですのでマナーを守ってしっかりと対応してください。

Skype(スカイプ)の各種設定

スカイプの左上の方に、Skype、連絡先リスト、会話、通話、表示、ツールと記載があると思います。

※WindowsやMac等で表示が変わっている場合あります

その項目の中から「ツール」をクリックしていただくと「設定」となりますのでクリックしてください。

こちらの画面から仕様を変更など設定ができます。特に推奨設定等はご用意しておりませんのでお好きなように設定してもらって結構ですし、デフォルトの設定のままで特に問題ありません。

一般設定からでもご自身のアイコンを変更したりプロフィールに情報を追加したりできます。

オーディオ設定

僕の場合ですとスカイプを使って音声(通話)のやり取りする事が多いです。その時に音声が聞こえないとかなどトラブルが良くあります。

そこでオーディオ設定からスピーカーの音量やマイクは音を拾えているか確認しておきましょう。

下の方に表示されている「無料音声テストサービスと通話」というものがありますので音声チェックなどをしておくと相手側に迷惑をかけないと思います。

サウンド

スカイプではメッセージの受信などでサウンドが発生する仕組みとなっています。ここのサウンドの設定を変更することでメッセージの受信音を消したりとできます。

仕事をしている時にメッセージなどで受信音が気になって仕事に集中できないという方はこちらのサウンドも調整しておくといいです。

Skype(スカイプ)通話について

スカイプではIDを交換した相手とチャット、通話、ビデオ通話ができます。通話をする際は電話のアイコンボタンをクリックすることで通話を開始することができます。

通話をする際のマナーですが僕の場合はビジネスで活用していますからスカイプで通話する相手もクライアント、外注さんが中心です。なのでいきなり通話するのではなくお互いの予定を確認し日時等決めてから通話をする様に致しましょう。

気心しれた友人等でしたら結構ですがビジネス上の付き合いで急に通話をされてしまうと相手側もビックリしてしまいますからね。

それと当たり前ですがPCで通話する際はヘッドフォンなど通話できる環境も必要です。

Skype(スカイプ)通話で画面共有が便利

スカイプでは非常に便利な機能がりスカイプ通話をしながら画面共有する事ができます。

画面共有と聞き慣れない言葉かもしれませんが簡単に説明すると相手のデスクトップ画面やこちらのデスクトップ画面を見ながら通話ができるのです。

例えば何かわからない事があってテキストやチャットでは伝えにくい時ってあると思います。そんな時に画面共有をする事で解決がスムーズになったりするのです。

特に僕みたいなコンサルティング業をしている方には必須のツールであります。

画面共有をする方法

スカイプで通話をするとこの様な画面になります。

下の方に「+」のマークがありますのでこちらをクリックしていただくと「画面共有」という項目がありますのでクリックすると画面共有ができます。

今回であれば僕が画面共有を選択すると僕のデスクトップ画面が相手に映し出され、相手側が画面共有を選択しますと相手側の画面が僕の方に映ります。

とこの様に非常に便利なツールとなるので有効的に活用してもらえばと思います。特に僕はコンサルする際に画面共有をして説明したりする事が多いです。

※画面共有をする際はお互いがパソコンで通話している事が条件となります。

Skype(スカイプ)でグループを作成する方法

スカイプでは個人間でチャットや通話することができます。

活用方法としてはグループによるコンサルティングでしたり、複数の外注さんや社員さんに指示を出すなどに使えたりします。例えば何か共有事項などあれば一人一人に送信するよりもグループに送信してしまえばメッセージを一括で送信できますから効率的な部分もあります。

スカイプ左上にある連絡先リストをクリックしてください。その中に「新しいグループの作成」というのがありますのでクリックしてください。

そうしますと新しくグループが作成できたと思います。

「会話の名前を変更」から名称を変更してグループ名を決めておくといいですね!

グループから右上のアイコンをクリックすることで、グループ招待したい人を選ぶことができます。

これでグループを作成してチャットしたり、グループによる通話なども行う事ができます。

まとめ

スカイプはチャットや通話ができるコミュニケーションアプリです。友達とのやり取りにも使えますがビジネスシーンでも活躍します。

グループを作成すれば共有事項をグループメンバーに一括で送信できますし、通話では画面共有などをして物事を正確に伝えたりと高機能なツールです。

是非活用方法を覚えてビジネスの幅を広げてもらえばと思います。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です