リスクヘッジを考える アドセンスの複数所持とチャンネル量産


どうも中神です。

アドセンスの複数所持やチャンネルの量産など質問をいただきましたので、ご回答も含めまして、リスクヘッジとというテーマでコンテンツ化しました。

リスクヘッジをする

アフィリエイト全般におけることですが、一つの媒体で収益化をしていると、もしその媒体が潰れてしまうと収入が0になってしまうので、ある程度は複数の媒体を所持する事が大事です。

YOUTUBEアフィリエイトの場合、複数のチャンネルを運営する事も大事なのですが、一つのアドセンスで紐付けていた場合、そのアドセンスが6ヶ月間の停止や剥奪などになってしまうと、全てのチャンネルが収益化できない事態になってしまいます。

複数のチャンネル運営の注意点

10個中9個のチャンネルが正攻法で運営していたとして、たった1つのチャンネルがグレーな方法をしていた為に、アドセンスの6ヶ月間停止等のペナルティーを喰らってしまうと、全てのチャンネルが停止になるという事です。

※一つのアドセンスで管理している場合

そこで、余裕があれば、アドセンスも複数所持するといいでしょう。

アドセンスの複数所持

利用規約の関係から、個人で複数の所持は認められておりません。

しかし、僕は4つの取得に成功しました。

1、個人名+住所A+個人口座A
2、個人事業主+住所A+個人事業主口座A
3、個人事業主っぽい名前+住所A+個人事業主口座B
4、個人名+住所B+個人口座B

IPアドレスは変更する 電話の登録はしない

この様なかたちで取得できました。

ちなみに、個人事業主名義(屋号)で銀行口座をとるときに、事業届けは必要ありません。ただ、収入を得た事は税務署にしっかり報告しましょうね。

アドセンスの再取得

アドセンスが止まってしまった、剥奪された。なんて話もちょこちょこ聞きます。

その場合、上記のパターンで再取得してみて下さい。

また、月収10万円超えるまでは、リスクヘッジとか気にしなくてもいいですが、稼ぎが大きくなってきたら、リスクヘッジも考えておきましょう。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です