著作権フリーの音楽のダウンロードと使い方について

YOUTUBEの動画では、内容に合わせて音楽を挿入したり、適切な音楽を使用する事で雰囲気のある演出ができます。

そこで、本日は著作権フリーの音楽のダウンロード方法や使用について説明していきます。

音楽の著作権

本来、音楽というものは、作成者の著作物であり作成者の承諾なしに使用してしまうと著作権の侵害として訴えられてしまう可能性があります。

著作権を持っていない音楽をYOUTUBEにあげてしまうと、動画の削除になってしまうので、その点も気をつけて運営していきたいものです。

例えば自分で買ったCDだとしても、YOUTUBEに公開するのは、非常にリスキーです。

そこで、YOUTUBEの動画を使う際には、著作権フリーの音楽を使用しましょう。

著作権フリー音楽の注意点

著作権フリーの音楽を使えばYOUTUBEで使う事ができます。

MUSMUS
http://musmus.main.jp/info.html

SnapCrab_NoName_2016-5-26_17-40-50_No-00

MUSMUSというサイトであれば、無料で使えますが、禁止事項や注意事項もあります。

そのままのBGMで使用の禁止や著作権表示のお願いなど、これは音楽を提供しているサイトによって規約は様々です。

なので、使用するサイトの利用規約を必ず読んでから使う様にして下さい。

無料で使える著作権フリー音楽サイト

DOVA-SYNDROME
http://dova-s.jp/

甘茶の音楽工房
http://amachamusic.chagasi.com/

MUSIC-NOTE
http://www.music-note.jp/

H/MIX GALLERY
http://www.hmix.net/

ここで紹介したサイト以外にも、「著作権フリー音楽」などと検索したら沢山のサイトが存在しますので、色々と探してみて下さい。

※上記サイトの音楽を使っていると著作権侵害で収益化が無効になる場合があります。そこでYOUTUBEの格納されているオーディオライブラリーを使う事を推奨しております。

YOUTUBEオーディオライブラリー

YOUTUBEでは動画編集などに使える音楽が元々提供されております。

YOUTUBEオーディオライブラリーはこちら

YOUTUBEのクリエイターツールから左サイドバーにある「作成」を開くとオーディオライブラリーから音楽をダウンロードして使う事ができます。

先程上記でも説明しましたが無料で提供している音楽サイトの音楽を使っていて著作権侵害の警告がきたとのご報告も受けているので、今後はYOUTUBEのオーディオライブラリーを使う事をお勧めします。

右の方にある⇩矢印のアイコンをクリックするとダウンロードできます。

オーディオライブラリー使用する際の注意

赤枠で表示されている「帰属表示」というところから「帰属表示不要」と「帰属表示が必要」とあります。

「帰属表示不要」と記載されている音楽に関しては特に気にする必要ありませんが、「帰属表示が必要」と記載されている音楽に関しては動画の説明欄で使用した際の記載が必要です。

この様にライセンスの記載が必要になってきますので指示に従って記載して使うようにしましょう。

いいなと思ったらSNSでシェア♪


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です