YOUTUBEのカード機能を使って再生数を伸ばす方法

どうも中神です。

本日は、YOUTUBEのカードを使って再生数を伸ばす方法について、解説していきます。

カードとはどんな機能?

YOUTUBEの動画再生中に次の動画をアナウンスしたりできる機能、それがカードです。

動画以外にも再生リスト、チャンネル、埋め込みのリンク(外部リンク)なども活用する事ができます。

カードの設定方法

SnapCrab_NoName_2016-5-24_19-49-39_No-00

動画編集の画面より、カードを選択。

カードを選択すると下記の様な画面になったと思います。

SnapCrab_NoName_2016-5-24_19-50-23_No-00

アノテーションを使った事ある方なら大体わかるかなと思います。

下のタイムラインより、カードが表示される時間を選択します。

次にカードを追加を選択し、表示させたい動画を選ぶ。(再生リストも可能)

設定は以上です。

カードとアノテーションの違い

動画の再生途中に、お勧め動画など促す機能と言えば、アノテーションが一般的だと思います。

しかし、アノテーションは、スマホでは表示されないのです。

反面、カードはスマホでも表示される様になっているので、スマホユーザーが多いチャンネルをお持ちであれば、カードを積極的に使って言ったほうがいいかもしれないです。

 

この機能も設定自体は、そこまで時間はかかりませんし、再生数を伸ばす事に繋がるので有効に活用していきましょう。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です