YOUTUBEチャンネルの停止や動画の削除に対して対策

20150801013036aspodi

どうも中神です。

最近はYOUTUBEでも動画の削除やチャンネル停止も受けている方も多いので、その事について言及いたします。

僕の所にもくるお悩みとして、色々くるわけですが動画の削除を受けている方は以下のパターンが多いです。

①エロ、アダルトに近い動画
②暴力的な内容
③キーワードの盛り込みすぎ
④バッド評価が著しく多い動画(通報も含む)
⑤テレビのキャプチャー画像

※テレビの動画、著作権違反している動画などはそもそも省いております。

 

エロ、アダルトで動画の削除

まず①のエロやアダルトに近い動画ですが、この手のタイプはGoogleもYOUTUBEも嫌う内容なので動画の削除を受けやすい内容です。

アドセンスの剥奪に繋がるケースもあるので、そもそも扱わない方が無難ですね。

 

暴力的な内容で動画の削除

②の暴力的内容 これは表現的に難しい部分もありますが、個人、団体、民族を批判する内容に該当すると動画の削除を受けます。

ただ表現の自由、言論の自由というのもありますが、あくまで削除される理由はYOUTUBEのガイドラインによるので、明確に線引きするのは難しい。

 

対策としては、タイトルにキワどいキーワードが入っていたら、ボカすなりして工夫したらいいと思います。

 

キーワードの盛り込みすぎで動画の削除

③キーワードの盛り込みすぎで動画の削除を受けるパターンは、特にタグですね。

タグにあからさまにキーワードを盛り込みすぎると動画の削除に繋がります。

僕の意見としては、

・10個はセーフ
・20個以上は危ないかも
・30個以上は危険

基本的なこんなイメージで考えています。といっても20個以上使っていても削除されていない動画もあるので、なんともいえませんし、無難に考えたら10個以内にしておくのがいいと思います。

 

あと説明欄にもキーワードを盛り込んでいく事で、関連動画にアクセスを集める方法もあります。

現在見ているとそこまで問題な感じはしませんが、ユーザーが見て「何これ??」と思う様な使い方はあまりよろしくないと思います。

バット評価、通報により動画削除

実はこのパターンも侮ってはいけません。

いわゆる釣り動画を言われている動画ばかり作っていると動画の削除を受ける事があります。

 

動画の内容がコミニティーガイドに違反していなくても、通報が多い動画は削除になる事もあるし、バット評価が著しく多い動画も削除の対象です。

 

もし思わぬ事でバット評価が多くなってしまった場合は、動画の編集等てコメントや評価をできなくする設定もありますので、そちらで対処するかか、必要のない動画であれば削除しておくのも無難です、

 

これは②の暴力的な内容もこちらの通報される危険性もあるので十分に注意が必要です。

 

テレビのキャプチャー画像で削除

これも以外と多いです。テレビ動画を使っていなくてもテレビのキャプチャー画像でもたまに削除を受ける事があります。

恐らくYOUTUBEではテレビ動画をアップしていると、著作権団体なる者が動画の削除をしてくるのでキャプチャー画像もその流れで消されるのでしょう。

 

あとはアニメや漫画の画像も危ないと感じています。

フリー画像や海外の画像などであれば、殆ど消されないので、無難に考えるのなら危なそうな動画はあまり使わない方がいいですね。

 

動画削除の対策まとめ

完全なオリジナル動画を作っているのなら問題ありませんが、これら上記に当てはまる内容は動画の削除もうけやすいです。

 

またYOUTUBE側もはっきりとした内容を公開してはいないし、線引きをするのは非常に難しい。なので危ないと思ったら使わない方が無難です。

 

YOUTUBEは長期的に運営してナンボなので、後々動画の削除を受ける内容の動画は不安もあるし、折角育ったチャンネルが急に停止になるのはかなり痛い。

とにかく無難に運営するのがお勧めです。

 

例えば動画の削除は3回まで受けて良いという噂もありますが、これも1回の動画の削除でかなりやりづらくなるので、そもそも1度も動画の削除を受けない方がいいです。

 

 

しかもアドセンスの場合、紐づけしたチャンネルが同時に6ヶ月間の運営停止になる恐れもあります。

 

コミニティーガイドラインもしっかりと頭にいれておいてください

http://www.youtube.com/yt/policyandsafety/ja/communityguidelines.html#tips

 

以上、健全にYOUTUBEチャンネルを運営していきましょう。 長期的に稼ぐ為には、守りの視点も重要です。とにかく無難に運営する事が大前提なので、焦らず一歩一歩確実にやっていきたいですね。

100本以上の動画で徹底解説した動画教材を無料でプレゼント

コメントを残す