YOUTUBEの広告収入が減った方必見!広告収入を65%に増やす方法

10$UPどうも中神です。最近YOUTUBEの広告収入が減ったと嘆くYOUTUBERの方も多いですよね。

実は2015年の7月頃からYOUTUBEが広告収入をこっそりと下げているのです。

もうYOUTUBEを実践するのは無理なのか?今後YOUTUBEへの参入は控えたほうがいいのか?

そんなふうにお悩みの方もいらっしゃると思います。
それで現在のYOUTUBEの広告収入は55%の還元となっております。

Baidu-IME_2015-11-2_19-36-14

これはYOUTUBEと広告を提携する時の文言なのですが、総支払いの55%だと記載されております。

なので、残りの45%もの広告収益をGoogle側がもっていく事になります。

 

そこでお勧めのYOUTUBE広告、「Whoolist Network」がお勧め。

Whoolist Networkの広告だと65%となり、Googleアドセンスと比べて10%も広告収入が拡大する事になります。

Whoolist Networkの登録の仕方

Whoolist Networkとは?

Whoolist Networkとは海外のYOUTUBE広告企業で、あまり名前を聞いた事がない方が多いと思いますが、怪しい会社ではありませんのでご安心を!

 

Whoolist Network以外にも、YOUTUBE広告企業は多数存在し、ヒカキンさんなど有名YOUTUBERもGoogleアドセンス以外の広告を使っています。

日本ではあまり浸透していませんが、海外ではこの様な環境が整っている様です。

 

Whoolist Networkのメリット

じゃあ早速!使いたい気持ちもわかりますが、メリットやデメリットも把握しておきましょう。
※Googleアドセンスと比較して。

・広告収益が65%とアドセンスと比べ10%アップ
・スキップ不可の広告を使う事ができる
・チャンネル毎に登録する為、リスクヘッジになる

などなど、Googleアドセンスと比べ広告収入が10%アップするだけじゃなく、スキップ不可の広告を使う事ができたりします。

Baidu IME_2016-1-23_7-34-38※Googleアドセンスの場合、スキップ不可広告は使えません。

 

僕が推奨するYOUTUBEアフィリエイトの方法は、リスクヘッジを考えながら多チャンネルを運営する事になります。

 

そこで、Googleアドセンスの場合、ペナルティーを受けアドセンスが6か月の停止という思いペナルティーを食らってしまうと、紐付けているチャンネルが全て停止に追い込まれてしまい、これが最も怖いのです。

正攻法でやっていたチャンネルもグレ-なチャンネルも含めて全滅してしまう事もあります。

 

その点、Whoolist Networkであればチャンネル停止になったとしても、他のチャンネルに影響はありません。

 

Whoolist Networkのデメリット

お勧めとはいってもデメリットも把握しておきましょう。

・管理画面がわかりにくい
・支払いがPaypal

Googleアドセンスの管理画面が非常にわかりやすく分析もしやすいので、その点Whoolist Networkの管理画面はわかりにくく、分析もしにくいです。

お支払いに関しては、海外からの振込になるので、Paypalの講座が必要となります。またお支払い期日が翌々月の2週目になるので、Googleアドセンスと比べて若干遅いです。

 

以上の2点がデメリットとなります。

 

Googleアドセンスと併用しよう

だからといって全てのチャンネルをWhoolist Networkにする必要はないと思います。

 

僕の場合、メインチャンネルはGoogleアドセンスを使いサブチャンネルやグレーな方法を試す時にWhoolist Networkを活用する様にしています。

この様にデメリット&メリットを理解して、使い分ける事が大事だと思います。

 

例えば、グレーな方法を研究する時にちょっと踏み込んだ事を実践する時があると思います。

Googleアドセンスを使ってしまい、ペナルティーなどでチャンネルが停止されると、メインチャンネルも含めて全滅してしまうリスクもありますので、それだけは避けたい。

 

そんな時はWhoolist Networkを使ってリスクヘッジを考え運用していきましょう。

 

登録の手順や登録の基準などは、こちらのページをご確認下さい。

Whoolist Networkの登録の仕方

arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です