初心に帰りキーワード選定基本編をお伝えします。

中神です。

7月も終わり8月に突入しましたが、
先月はどうでしたか?

YOUTUBEでは広告が質が良い月だったので、
報酬も伸びたのではないでしょうか?

今月もまだまだ広告の質が良い状況なので、
頑張ったら頑張った分だけ報酬に繋がるので、
動画をどんどんあげていきましょう。
さて僕の方は先月から裏YOUTUBERクラブのコミュニティーを始動して
コンテンツ作成やコンサル等で追われる日々です。
自由な時間はかなり減りましたが、
コンサル生も実力をメキメキとつけてきているので、
報酬も段々と上がってきました。

YOUTUBEアフィリエイトは、ちゃんと実践していけば、
報酬は必ず上向きにあがっていくので分かりやすくていいですね。

報酬が上がっていけば、やる気やモチベーションに変わるので!
最近はサボっちゃっていましたって方も今月からリベンジ決めましょう。

という事で一度初心に帰ってキーワード選定のお話でもしましょう。

再生数はキーワードで決まる

YOUTUBEで安定してアクセスを集める為には、
チャンネル登録者を増やしていく事が必須です。

しかしゼロベースから考えると、
より多くの動画が1回でも多く再生される事が大事なので、
キーワード選定が重要です。

結局ここが課題なので
ここを乗り越えれないで挫折していく人が多いです。

基本的な事をお話すると、
タイトル、説明欄、タグにキーワードを盛り込んでいく事が大事です。

んでキーワードって何?って方は、
YOUTUBEクエストをちゃんと見直してくださいね。

YOUTUBEで良く使われるキーワードは、
YOUTUBEの検索欄に「あ」とか打つと色々と、
キーワードが表示されるのですがあれが、
サジェストキーワードといいます。

一個一個探していくのは手間なので、
こちらのツールを使うといいでしょう。

YOUTUBEキーワードツール
⇒ http://keywordtool.io/youtube

使い方は動画をご確認下さい。

それでもう一回説明しますが、
タイトル、説明欄、タグにキーワードを盛り込んでいくのですが、
タイトルは3~5語くらいキーワードをいれていくと良いです。

勿論絶対に3~5語いれなくてもいいですが、
はじめのうちは、キーワードを意識して使っていくと良いです。

説明欄は、チャンネルや動画の説明をしながらも、
キーワードを散りばめて自然にいれてくのが基本です。

タグは重要なキーワード10個くらいに留めておくほうが良いです。

これが基本的なキーワードの使い方なので、
できてなかった方は、もう一度インプットしておいて下さいね。

8月度もこれからなので、頑張って結果だしていきましょう。

また思うように数字がだせていない方は、本日お話した、
キーワード選定を意識してこれからも取り組んでいきましょう

いいなと思ったらSNSでシェア♪


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です