YOUTUBEでヒットする動画を逆算的にリサーチ

151007

どうも中神です。
本日は、YOUTUBEでヒット動画を作成する為の逆算的リサーチ方を解説します。

まずYOUTUBEでヒットしている動画を探しましょう。

SnapCrab_NoName_2016-6-22_4-1-25_No-00SnapCrab_NoName_2016-6-22_4-3-17_No-00

再生回数も450万回とかなり再生されているのが、わかりますよね?

こうやってヒットしている動画を発見したら、まず自分で作成できそうか考えてみましょう。

実際の動画内容も画像のスライドショーなので、簡単に作成できると思います。

ネタのリサーチ方

この様な動画は、恐らく僕達みたいなアフィリエイターが作っている動画なので、どこかのサイトでネタを探して作っているでしょう。

今回の動画であれば、メインキーワードが「Googleストリートビュー」です。

NAVER まとめで、「Googleストリートビュー」と打ち込むと、ネタ元らしきページが発見されました。

NAVERまとめじゃなくても、検索エンジンで打ち込んでリサーチしてみても、取り扱っているサイトがあると思います。

SnapCrab_NoName_2016-6-22_4-11-3_No-00

http://matome.naver.jp/odai/2138491358620489401

後はここにある画像を使って動画にしていけば、簡単に作成する事ができます。

ただ、この時点でいきなり動画作成するのではなく、一度キーワードに需要があるか、再度リサーチしてみましょう。

キーワードの需要を調べる

この動画でも語っていますが、キーワードを打ち込み、視聴回数順に並べてみる。

SnapCrab_NoName_2016-6-22_4-27-8_No-00

そしたら、同じキーワードで再生されている動画が沢山ありましたので、上手く扱えば、ヒットしそうな雰囲気です。

ただ、タイトル、サムネイル画像もそのままコピペで使ってしまうとライバルと一緒になってしまうので、アプローチ方法は変えた方がいいでしょう。

 

YOUTUBEの動画は、タイトルでほぼ再生数が決まるので、同じような内容でも、魅せ方を変えたり、工夫が必要です。

タイトルの付け方とルール

100本以上の動画で徹底解説した動画教材を無料でプレゼント

コメントを残す