YOUTUBEアフィリエイトで稼ぐ為に動画投稿数はどのくらい必要か?

どうも中神です。

本日は、YOUTUBEアフィリエイトで稼ぐ為にどのくらいの動画数が必要なのか?

メールなどで質問される際にも良く聞かれるので記事にしました。

これから取り組む人の為に参考になればと思います。

前提として自分がどのくらい金額を稼ぎたいのか?にもよりますが僕の場合は会社にいかずとも暮らせるくらいの金額は稼ぎたかったので月収30万円~50万円くらい稼ぎたいと思っていました。

当時の講師の教しえもあり毎日20個頑張って作成していました。

毎日必ず作っていたので月でいうと毎月600個作成していたのですがこの数字をみるとビックリすると思います。

成功する為に動画の投稿数は必要ないのか?

僕が当時動画の大量投稿していた理由としては

・そもそもどのくらい動画を投稿したら、どのくらい稼げるのか?
・どういったキーワードをいれたらアクセス集まるのか?
・どんなサムネイル画像を作ったら反応が良いのか?
・どういった動画編集をすると維持率が伸びるのか?
・どんなアカウントを作ればチャンネル登録者が増えるのか?

こういったデータを検証したりとかなり泥臭い事をしていました。今思うと若干不毛な努力をしていた部分はありますが自分はあまりセンスの良いタイプではないのでライバルよりも動画の数などで差をつけようとしていました。

まだビジネスの経験や日が浅い人や成果の上がっていない人、センスがないと感じる人は圧倒的な作業量が必要だと思います。

結果的にいうと、動画の投稿数=利益ではないのですがとにかく始めはどんな事をしたらどのくらいの金額を稼げるのか?わからないと思うのでそういった事を見極める為にも泥臭い作業が必要だと思います。

ある程度チャンネルが育ってくると少ない動画数でも安定して大きく再生される様になってくるのでこの次元になるまで我慢です。

チャンネル登録者数が最大のポイント

重要なのは再生数ではなく、チャンネル登録者を短い期間でどれだけ増やせるかがポイントになってきます。

勿論参入するジャンルなどで色々ありますが基本はチャンネル登録者を集める事が重要で言ってしまえばチャンネル登録者が集まればすべて解決します。

チャンネル登録者が集まってしまえば動画の投稿数は少なくて済むしあとは勝手に拡散していくので本当の意味でレバレッジが効いてきます。

ここで重要になってくるのが、成功するチャンネルを作る為にリサーチとモデリングです。ここは経験とセンスがモノをいうのでやる人によって様々なので一言でいえませんがここでかなり差が出ると思います。

リサーチ、モデリング、データ検証が必要

勿論作業量も大事ですがただ闇雲に作業してもダメです。

実際に動画を作ってみて、検証する事も大事ですがライバルの動画の再生数やどんなチャンネルを作っているのか?どんなキーワードを使っているのか?などなど徹底してリサーチをして、良いと思えばモデリングする。

こういった当たり前の作業をちゃんとした上でやっと動画の大量投稿がいきてくるので悪魔で大量投稿だけしたら稼げると考える事は間違っていますからね。

勝負は始まる前には決まっている。

重要なので何度もいいますが、事前のリサーチが命運わけますのでここを妥協せず頑張りましょう。

まとめるとリサーチを徹底して行う、良いチャンネルをモデリングする実際に動画を投稿してみて、更にどんな風にアクセスがくるかなど検証する

この様な作業事を繰り返す(PDCAサイクルを回す)事で成功できるチャンネル作成へ精度を上げていきます。

実際に僕は大量投稿など労働のパワーも最大限に使っていましたがそれだけじゃなくてしっかりとデータに基づき行動してきたのでそういった事も最短最速で稼げてきた要因だと思います。

リサーチ、モデリング、データ検証稼げていない方の特徴でここを疎かにしていると方が非常に多いと思います。

まだ思うように実績がない、稼げていないのであればもう一度ここをしっかりやっていきましょう。

動画の大量投稿数という戦略

先程も言いましたが、しっかりとリサーチ、モデリング、データ検証をする事が大事で、ここをまずはしっかりやる。

動画の大量投稿は戦略と呼べるのか謎ですが効果はあります。

データを検証する為にも有効活用できますが一般的にサイトを立ち上げた時やお店をオープンした時はお金を使って広告を打ったり、一番最初の集客は力いれるのが普通です。

僕たちは大手企業の様に集客にお金を使える自信がないので使わない選択で話を進めますが立ち上げ時は認知度も低いし、そもそもチャンネル登録者はいないので最初はパワーが必要です。

そこで立ち上げ時は動画を大量投稿していき一気に押し上げるといった方法もあるので努力型だと思う方はこういった戦術?も取り入れてみるのもありですね。

まあでもちゃんとリサーチなどできれば大量投稿する必要があるわけじゃないのでその点は理解して取り組んでいきましょう。


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です