2015年YOUTUBEでライバルを差し置いて圧倒的に稼ぐ方法

こんにちわ!!

本日は、2015年に一気にYOUTBEで稼ぐ為にどんな事を考えていったら良いか?僕なり考えてみたので見解をお話してしていきます。

昨年2014年は、YOUTUBERといった方達が特に目立ち一般の人たちにもYOUTUBEで稼ぐ、稼げるという事が認識された年だったと思います。

またアフィリエイターも続々と参入してきたので、多くの人が結果を出してきていますし、まだまだ全然稼げます。

ですが・・・・一通りのコンテンツも出てしまったので、今後考えていかないといけない事はキャラクター性です。

YOUTUBERの方も始めは珍しかった事もあり注目されていましたが、ただ動画を撮って投稿するだけでは、飽きられてしまいますので自分自身をもっとコントロールする必要があります。

キャラクター性で差別化

先ほども言いましたが、一通りのコンテンツはもうすでに存在しているので今後はもっとキャラクター性を意識して情報発信をして動画を作成していくといいと思います。

特に、アフィリエイターの方でしたらトレンドネタを中心に動画を作成していると思うのですが、例えばこういった動画。

確かにネタ選びも面白いと思いますが、こういったネタだとマネされたり盗む人もいます。

逆にいえばこういったありきたりなネタでも、キャラクター性を取り入れるだけで、差別化も出来ますしファンも増えやすいです。

数字的な面でみてもチャンネル登録者が増えやすい傾向にあると思います。

僕自身も、こうったニュース引用系の動画を作成していますがキャラクター性を意識して取り組んでいるので全然マネされないですし、圧倒的に結果を出している要因となります。

現状のYOUTUBE市場を見てもこのキャラクター性を意識した取り組みをしている人も少ないのでこうったチャンネル展開が出来るとライバルを差し置いて圧倒的に稼げると思います。

YOUTUBERの方も簡単そうに見えて、実際稼げるようになるまでかなり時間がかかると思いますがキャラクターを意識して取り組んでいけば、早い段階で結果を出せると思います。

キャラクター性ってなに?

いきなりキャラクターとか言われても、よくわからないと思いますが基本的に流行っている商品や会社、芸能人といった方は特に重視されています。

むしろキャラクターが先行して愛される事で商品が爆発的に売れたりします。(全く同じ商品でもキャラクター性があるだけで売り上げは変わります。)

Baidu IME_2015-2-28_22-16-58

最近はあまり見かけなくなりましたけど、ふなっしーはすごく流行っていましたよね。

大手企業などが行う戦略としては、こういったキャッチーなキャラクターを作っていき抱き抱えで色んな商品は販売しています。

こういった例は無数に存在するので例をだしたらキリがありませんが、大手企業は当たり前に行っている戦略、手法なのでYOUTUBEのアカウントや自分のビジネスに取り入れていくといいと思います。

むしろキャラが売れてしまえば何でも売れてしまいますし、芸能人やテレビでよく見る人は強烈なキャラクター性をもっています。

いわゆるキャラがたっている人は強いです。芸能界で長く生き残っている人は明らかにキャラがたっていますよね?良くテレビで見かける人を想像してみて下さい。

なんとも表現、言語化しにくいですがキャラがたっているという事はこういった事です。YOUTUBERや顔だしをして情報発信をしている人はこの辺を意識して行いましょう。

2015年はキャラクターを作り上げる

先ほども言いましたが、コンテンツありきではダメです。

ゲームレビュー、商品レビュー、ニュースネタ、ドラマネタなどなどYOUTUBEの市場では様々なコンテンツがありますが既に多くのコンテンツが存在しているので差別化をしていかなければなりません。

そこでオリジナルのヒットするコンテンツをドンドン生み出していけたらいいのですが、難しいと思います。

だからこそ、キャラクターを作ってファンを作っていきましょう。

みんなと同じネタをやっていても、キャラがたっているだけで差別化出来るので実は以外と簡単なので是非チャレンジしてみて下さい。

重要なのは、キャラクターもそうですが人と違う事や一手間や二手間を当たり前に出来る事です。 2015年も良い結果が出せるように頑張っていきましょう。

いいなと思ったらSNSでシェア♪


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です