YOUTUBERシバターがYOUTUBEは稼げなくなったというけど?

こんにちわ!!お久しぶりです。

最近はブログを全く更新しておりませんでしたので今後は定期的にしっかりやっていこうと思います。

さて本日はYOUTUBERシバターさんについて色々とお話していこうと思います。

以前というか去年の12月頃からYOUTUBEの広告収入が下がったと嘆いておったYOUTUBERのシバターさんですが、こういった広告が下がるといった現象や仕組みについて僕の見解について語ろうと思います。

12月にYOUTUBEがテレビ広告を出した事が原因でYOUTUBEの広告収入が急激に下がったと仮説を立てておりますが、原因の一つとしてあると思います。でも12月というのは、広告の質や、単価、種類共に増える傾向があるので僕の場合は12月は結構良かったです。

また一つ勘違いしている点は、YOUTUBEがお金をだすのではなくてYOUTUBEに広告を出稿している広告主がお金を出しているからYOUTUBEでの広告収入を頂ける様な仕組みなので、基本的な事をいうと動画の内容やカテゴリー、ジャンルといった点も重要になってきます。

 YOUTUBE広告が下がる原因とは?

特に広告が下がる原因と過激すぎる点もポイントになりまね。

シバターさんといえばYOUTUBERの中でも過激派で有名です。人の本を燃やす、悪口を言うなどの行為をしている事も今後は要因になってくるでしょう。

広告主の立場からして考えると、いわゆるゴールデンタイムに放送出来ない様な内容の所に広告を出したくありません。

悪魔でYOUTUBEの動画は広告とのマッチングなので、属性、ジャンル、カテゴリーが絞られている方が広告主としても価値があるのです。

例えばYOUTUBEで英語を教える⇒英語の広告が表示される などこういった状態が広告主にとっても一番都合が良いかたちなので、基本的な事からいうとYOUTUBEの運営に文句を言うことがそもそも間違っています。

結局、広告主お金を出す⇒YOUTUBE⇒動画視聴者⇒広告がクリックされる⇒動画の投稿者に入金される。

この流れを意識せずに、単価が下がった等といっても本末転倒なんです。なのでもっと広告主に好かれる様にゲームのスペシャリストになる、英語の達人になるといった選択をした方がYOUTUBE、広告主にとっても最大の魅力になるので誰にとって有益な存在か考えて自分の情報発信をしていくと視界がすごく広がります。

個人的な意見でいえばシバターさんはかなり面白いとおもいますし、YOUTUBERの中では好きな方です。

過激なネタを注目も集めやすく、再生数も伸びやすい傾向にありますが実は広告主に好かれない原因でもあるでしょう・・・・・・YOUTUBEで稼いでいる人やこれからやってみようと思っている人は、こういった視点で取り組んでみるといいと思います。

 YOUTUBEからお金をもらっているわけじゃない

だからこそわかっている上で過激なネタをやるのは、全然いいですがね。

重要なのは広告主からお金をもらっているわけで、YOUTUBEは悪魔で中間の立ち位置です。

それにYOUTUBEといったらGoogleの動画メディア媒体なので上手にやっていきたいなら、あまり喧嘩を売らない方がいいと思います。

お金を稼ぐ以上、ビジネスマンなわけだから最低限のルールは守りましょう。

という様にですね、ただYOUTUBEに動画を投稿していく以外にも参入するジャンルや属性によって色々あるわけなんですよ。

僕のやっているジャンルは年齢層も高くPCで閲覧している人が多いので広告のクリック単価は安いのですが、クリック率が以上に高いです。

例えばYOUTUBERの人たちでしたら若いユーザーが多いのでスマホでの閲覧も多いと思います。

PCユーザーにくらべスマホユーザーは圧倒的に広告クリック率が低いのでかなりの人数を集めないといけない可能性もあります。

逆におもちゃのレビューなどは幼稚園児クラスのお子様が見ているらしく、広告とわからずにクリックしているらしく以外と高いらしいです・・・・

この様に、参入するジャンルやユーザー層によっても様々なので効率よく稼ごうと思ったらこういった情報もかなり重要なので詳しく知りたかったら僕に直接聞いてみて下さい。

色々稼ぎにくくなったとか?稼げないとか言われていますがそんな事ありません。

まだまだ全然稼げますし、これだけ毎日人が集まっていたらビジネスチャンスはいくらでもあるので広い視点でYOUTUBEという市場を見ていきましょう。

まだまだブルーオーシャンはいっぱい存在します。 僕と一緒に探していきましょう。

いいなと思ったらSNSでシェア♪


arrow_org




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です